山口県山口市の探偵事務所 フォーチュン山口中央は浮気調査専門の探偵 興信所です。
山口天神祭について
  • アーカイブ
  • カレンダー
    6月 2019
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
    ブログカテゴリ
    過去の記事

山口県各市のご案内

Home » 山口県各市のご案内

山口天神祭について

2012年11月13日

今回は、山口県山口市で開催される「山口天神祭」についてご紹介したいと思います!!

参勤交代を現代に伝える備立行列に天神様(菅原道真公)の御分霊をまつる御綱代車からなる、御神幸行列はさながら江戸時代の風情を今に伝える歴史絵巻のようです。

備立行列とは・・・古熊神社の神体がまつってある建物は今の古熊の地に移したしたことを契機に始まった奉納行事だそうです。獅子舞、騎馬、陣笠、羽織、きまった袴を着用し「御先乗」を先頭に、長さ5mの「大内十文字槍」で、ゆっくりと歩くところは、参勤交代そのものであるそうです。

御神幸行列とは・・・備立行列の後に古熊神社の神体をのせた御網代車を中心とし、

小拝司、大拝司、が前後を固めてなる行列だそうです。

その行列の後方に、花神子、官女をのせた華やかな御所車が、

舞姫さんが引いているそうです。

その後ろに、宝恵籠行列、長持ち行列と総勢で約300人もの人が江戸時代の風景を今に伝える歴史絵巻だそうです。

「山口天神祭」についての詳細はこちら・・・

場所・・・古熊神社

お問い合わせ・・・083-922-0881

[この記事を読む]


常栄寺雪舟庭について

2012年09月25日

今回は、山口県山口市にある「常栄寺雪舟庭」についてご紹介したいと思います!!

この庭園は、およそ500年前に大内氏の29代政弘が室町時代中頃に

とても優れた才能を持った雪舟に

命じて築庭したといわれているそうです。

しかし、言い伝えなどに雪舟の築造であることを確かめるものが無い事から、

あくまでも伝説だといわれているそうです。

庭園に使用されている石は室町時代の特色となっていた立石が

多く使用されているそうです。

見所満載の雪舟庭園に是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

常栄寺雪舟庭についての詳細はこちら・・・

住所・・・〒753―0011 山口県山口市宮野下2001

問い合わせ・・・083-922-2272

料金・・・通常料金 大人 300円  中高生 200円  子供 100円

団体割引 大人 270円  中高生 180円  子供  90円

時間・・・ 4月~9月 8:00~17:00(入場は、16:30まで)

10月~3月 8:00~16:30(入場は、16:00まで)

休業・・・年中無休


[この記事を読む]


徳佐八幡宮について

2012年08月24日

山口県山口市にある「徳佐八幡宮」についてご紹介しようと思います!!

徳佐八幡宮の歴史について・・・

1182年に大内満盛という人が宇佐八幡宮より徳佐八幡宮の神仏の来臨を

請ったそうです。

八幡宮は2回もの移転をしているそうです。

丸山地区→小南地区→今の場所

1788年 毛利氏によって今の神様がいる建物が再建、造園されました。

1825年 わざわざ大阪府から「ひがん系しだれ桜」という桜を

取り寄せて植えられたそうです。

植えたときは、約250本もの桜が植えられていたといわれています。

参道に植えられている桜について・・・

大きく分けて下の4種類の桜があります。

エドヒガン系しだれ桜    65本

エドヒガン         21本

その他のしだれ桜      18本

ソメイヨシノ         2本


住所・・・山口県山口市阿東徳佐中3673

お問い合わせ・・・083-956-2526


[この記事を読む]


萩往還について

2012年05月09日

萩往還


「萩往還」とは一言で言うと、「歴史の道」「昔使われていた道」と言うようなところです。

僕はほんの少しだけ歩いたことがあります!!

そこで今回は「萩往還」についてご紹介したいと思います!!

「萩往還」とは・・・

毛利氏が萩城を築いた後に、江戸へ行くための「御成道」として開かれました。

萩市と防府市をほぼ直線で結んでいる歩く道です。片道がおよそ53kmととても長いですね。往復したら106kmとてもえらそうですね・・・

僕だったら片道なら歩けると思いますが、往復だと絶対に歩けそうに無いです・・・。

萩往還には、人馬の往来に必要であった「一里塚」や「茶屋跡」通行人を取り締まる

「口屋跡」などが残っているそうです。

いい運動になると思うので、是非歩いて見て下さい!!


萩往還防府側の入り口・・・

名前・・・三田尻御舟倉跡

住所・・・〒747-0814 山口県防府市三田尻3丁目

電話番号・・・防府市観光振興課

〒747-0034 山口県防府市天神1-6-37
0835-25-2148


[この記事を読む]


防府市の大平山のご紹介

2012年04月11日

~大平山~

今回は、山口県防府市の大平山を紹介します。 5月になると、つつじ祭りも開催されるのでぜひ、行ってみてください。

大平山のつつじまつりは、毎年5月上旬に開催されます。 大平山山頂には、ヒラドツツジ(ツツジ科で、古くから長崎県平戸市で栽培されてきたことから名前がついた)を中心に約10万株ものツツジが植えられています。 5月の連休を過ぎる頃が見頃で、その頃に「大平山つつじまつり」を開催します。 木花・作品の販売、バザー、イベントも行っています。

大平山の山頂には、 多目的広場-壁打ち用のウォール・フリークライミングウォール・インラインスケート及びスケートボードのスラローム練習ができる 遊びの広場-斜面を利用して創られたアスレチックや滑り台がある 芝生の広場-瀬戸内海を見ながら芝生の上でお弁当を食べたり、裸足で歩いたりすることができ、ゆったりとした時間を過ごすことできる など、遊べるところもたくさんあります。

[この記事を読む]


SLと一緒に走ろう!

2012年02月07日

津和野町からSLと一緒に走ろう


みなさんは、マラソン好きですか?

僕は、好きです。走るのってとても気持ちがいいですから・・・。

今回は、島根県津和野町で開催される「第22回つわのSL健康マラソン」

について少しご紹介します。

津和野には、稲荷神社・温泉・道の駅などがあり、SLが走る町としても全国的に有名で、観光地として多くの観光客で賑わっています!


今回のマラソンについての詳細は下記をご覧ください。


開催日時・・・2012年3月11日

集合場所・・・津和野高校体育館

参加料・・・一般・ファミリー 2500円

小学・中学・高校 1500円

小学・中学・高校  700円(参加賞の不要な人)

表彰・・・完走者全員にオリジナル完走証がもらえるそうです。

参加者全員にオリジナルタオルを予定しているそうです。

3位までにオリジナルメダル・オリジナル賞状が送られるそうです。

(小・中学生は、6位まで賞状が送られるそうです。)


走った後に、同周辺の温泉に入浴すると最高に気持ちいいでしょうね・・・。

時間があれば、ぜひ参加してみようと思います。

[この記事を読む]


23年の山口県の出来事について

2012年01月13日

平成23年の主な出来事

今年の山口県の主な出来事をいくつか紹介したいと思います。

~in周南~

一つ目は、~おいでませ!山口国体・山口大会開催~

48年ぶりに開催された山口国体では、市内で6競技が行われました。

市民の皆さんの応援を追い風に、本市が主会場になったレスリング・ハンドボール

競技で、山口県は種目別総合優勝を果たし、天皇杯・天后杯の獲得に大きく貢献しました。

また、山口大会では、バレーボール知的・精神障害者の部が開催され、熱戦が繰り広げられたこと。

二つ目は、~東日本大震災に市民の善意が続々と~

3月11日に発生した東日本大震災では、市民の皆さんから多くの善意が寄せられました。

また、消防職員や水道局職員をはじめ、市職員もこれまで94人が福島県いわき市などで

支援活動にあたられた事。

三つ目は、~路上喫煙禁止区域を設定~

公共の場所での喫煙行為は、吸殻のポイ捨てなど周囲の人への迷惑行為につながるため、

JR徳山駅周辺などを7月から路上喫煙禁止区域に設定した事。

2012年もいろいろな出来事があると思います。

[この記事を読む]


南十字星について

2011年12月13日

~南十字星について~


みなさんは、『南十字星』という星座を知っていますか?

この星座は、北の空に見える星、『北斗七星』の真反対の、南の空に見える星です。

今回は、そんな『南十字星』について説明します。


日本では通称、『南十字星』・『サザン・クロス』と呼ばれることが多く、

正式名称で呼ばれることは少ないようです。

(正式名称→『みなみじゅうじ座』)

小さい上に、各星の明るさがあまり揃っていないこともあって、近くにある『ニセ十字』と、間違えられることも多いそうです。


特徴・・・

3方向を『ケンタウルス座』で囲まれており、残りの部分は『はえ座』に接している。

天の南極には南極星に当たる目立った星がなかったため、大航海時代以来、主にこの

『みなみじゅうじ座』が天の南極に使われた。

天の南極に近い位置にある星座のため、北半球では見えない場所が多いですが、

時期によっては、日本でも沖縄などで観察が可能であり、特に宮古島・八重山諸島

からなる、先頭諸島で観望しやすいようです。

この地域での観望できる時期は、12月下旬から、6月中旬までの約半年であり、

南中時刻が午後8時から10時頃が見やすい時間帯となる5月頃が観望に適しているようです。


調査員ブログ



[この記事を読む]


山口市のいろいろな情報

2011年12月08日

 山口市の瑠璃光寺五重塔

今回は、山口市にある国宝でもある、瑠璃光寺五重塔と言う寺について書きました。

瑠璃光寺とは、文明3年(1471年)に創建されたそうです。

この瑠璃光寺は、香山公園とも呼ばれていて桜やもみじ(紅葉)の名所にも

なっているそうです。どの季節に行ってもとても綺麗です。

この寺の宗派名は、曹洞宗と言う宗派名でした。この宗教、

中国の禅宗5家のひとつだそうです。瑠璃光寺五重塔は、日本の約40基ある、

五重塔のうちの1つと知られ、それに、日本の日本三名塔の、1つとも知られている

そうです。

瑠璃光寺五十塔は、いろいろイベントがあります。

それは、ライトアップされる時期があります。それは、4月ごろにあるそうです。

このライトアップは、桜の時期なので、桜とライトアップ2つのものがいっぺんに、

見られるのでいいと思います。

他の、季節もいいと思います。秋は、紅葉 夏は、花 冬は、雪景色もいいと思います。


山口市で探偵をお探しなら、当社へご相談ください。

[この記事を読む]


日本のクリスマスの発祥の地

2011年12月03日

~山口市の紹介~


山口市は、山口県の県庁所在地です。

市のシンボルは・・・

(木)・・・イチョウ

(花)・・・菜の花

(花木)・・サクラ


特徴・・・

山口県のほぼ中央に位置し、瀬戸内海に面しています。

瀬戸内海式気候のため、比較的温暖・少雨であるものの、南端の海沿いを除いて、

内陸性気候の傾向があり、朝晩の寒暖の差が、比較的激しいです。

また、旧阿東町を中心とする山間部は、屈指の豪雪地帯であり、

通称『山口の北海道』と呼ばれているほど、寒さが厳しいところがあります。


歴史・・・

応仁の乱以降には乱を逃れてきた文化人を歓迎したため、『西の京』として栄えていたそうです。

室町幕府10・12代将軍の足利義尹(義稙)、雪舟、フランシスコ・ザビエルなど

この町に縁のある歴史上人物は多いです。


豆知識・・・

1552年12月9日(旧暦12月24日)に、山口の宣教師、コスメ・デ・トルレス

らが、司祭館に日本人信徒を招いてクリスマスを祝したようです。

このため、日本のクリスマスの発祥の地は、山口であると言われています。

[この記事を読む]



探偵社フォーチュン 各営業所のアクセス情報
所在地 山口県山口市中央2丁目1-2 もとながビル2F
フリーダイヤル 0120-00-1127
ご相談受付時間 9:00〜22:00
周南相談室 所在地 周南市弥生町1-16 2F
下関相談室 所在地 下関市宮田町2-6-11 2F
Copyright2019 © FORTUNE All Rights Reserved.